赤字とお金と子供について

赤字とお金と子供について

結婚をして子供は生まれると子供にもお金がかかります。
なので独身のうちにお金を貯金しておくことで、子供が生まれてからも経済的に余裕を持って生活をすることができると思います。
特に子供が3人、4人と多い家計では生活も赤字になってしまう可能性がありますし、生活も苦しくなってしまうと思います。
子供を大学まで行かせるのにもお金はかかりますから、将来の子供のことも考えて生活をする必要があります。
夫婦2人で生活をしている状態でも赤字になっているというような人は、子供が生まれてからどうのように生活をするのか考えてみて欲しいと思います。
私の知り合いに子供が4人いる知りあいがいますが、3人目、4人目になると進学させるお金も難しくなり、進学をあきらめさせようかと悩んでいる人もいます。
子供が大学に行くまでにかかる費用は平均で1000万円ほどかかりますから、子供が4人いる場合は4000万円ほどかかると思ってもいいと思います。


夫婦2人で生活をしているときが貯金ができるチャンスなので、ここはしっかりと貯金をしておくことをオススメします。
また子供が小さいうちも貯金をするチャンスなので、しっかりと貯金をして欲しいと思います。
家計が赤字になってしまった場合は、毎月の固定費などを見直す必要がありますし、奨学金など支援制度も利用する方法も考えておく必要があると思います。
学資保険なども子供が小さいうちから加入をしておくと安心ですし、お得だと思うので加入しておく価値はあると思います。
子供のことを考えると、家計を計画的にまわしていく必要があるともいます。
赤字になっている人は、まずは赤字の状態を脱出することができるように、生活を改めて欲しいと思います。
子供にはお金がかかりますから、何人子供を作るかということも考えておくといいと思います。
計画的に子供をつくり、教育をすることは親にとっての義務だと思いますし、立派に子供を育てる必要があると思います。